整体師資格が取れるスクールの選び方

整体師の資格を取りたい人のための学校選び

整体師とは

自分自身の手技(手を使ってなにかをすること)や補助道具を使って、関節や骨盤のゆがみなどを矯正します。身体に備わっている自然治癒力を高めるため、血行やリンパの流れを良くする施術などの他、肩こりや腰痛の痛み、神経痛、不眠などに対しての施術を行うこともあります。

整体とは読んで字のごとく「体を整える」ことを目的としています。特に重要視されるところが、体の真ん中にあり、上半身と下半身を支える骨盤を中心とした施術が多くなるというのも納得です。

整体師の基礎知識

どうしたら整体師になれる?

整体師になるにはどうしたらいいのか?
病院でも効果がなかった腰痛を整体院で治してもらった経験から、私も整体師になりたいと考え、整体師になるさまざまな方法を探していました。

整体師の資格を取得する主な方法は、専門スクールに通うか、通信講座で勉強するかの2種類です。

整体師になるには?

ただし、まったくの初心者が通信講座だけで整体師になるのは難しいということはわかっていましたので、私は働きながらスクールに通うことを考えました。

仕事をしながらでも通えるようなシステムがあって、さらに授業料が安いスクールが希望。
ただ安いだけのスクールもたくさんありましたが、卒業してから使い物にならなければ意味がありません。

しっかりした技術を教えてくれて、就職のバックアップもしてくれるそんなスクールを探しだし、今は夢に向かって勉強を続けています。

整体師資格が取れるスクールを比較 ≫

実践的に学ぶなら通学で!

私は実践的な知識と技術を直に学びたいと思ったので、スクールに通うことを選びました。
整体といえば手技!その手技をさらに効果的に使用するためには、人体の仕組みを学ぶことも必要になってきます。そして実際に人の体を触って感触を養わなければなりません。

こういったことはスクールで直接指導してもらわないと、なかなか身につかないもの。
働きながらスクールに通って勉強するとなると時間的に厳しいものがありますが、整体の経験豊富な講師の方々からいろいろな技術を教えてもらえるのも、通学にするメリットだと思っています。

整体師資格の取得について

実は、整体師になるのに特別な資格は要らないようです。なら、整体師を名乗ってしまえばいいのでしょうか?私はそうは思いません。

一度、考えてみてください。無免許で車を運転していて「大丈夫、僕は運転が上手いから」と自称している人と、しっかり頑張って練習をして、交通ルールを覚えて免許を取得した人。 どちらの助手席に乗りたいと思いますか?賢い皆さんならわかるはずです。

これは例えが極端だったかもしれませんが、国家資格じゃなくても民間で資格がとれるのならいっそ、整体師の資格取得を目指してみようじゃないか!…なんて思ったりします。

民間のスクールで取得できる整体師資格

  • 療術師(主催団体:東日本療術師協会)
  • 整体師(メディカルトレーナー)(主催団体:国際ホリスティックセラピー協会(IHTA))
  • 整体師(リラクゼーションセラピスト)1級(主催団体:国際ホリスティックセラピー協会(IHTA))
  • 整体師(リラクゼーションセラピスト)2級(主催団体:国際ホリスティックセラピー協会(IHTA))
  • 整体セラピスト免許(主催団体:日本セラピスト認定協会(JTOA))
  • スポーツトレーナー免許(主催団体:日本セラピスト認定協会(JTOA))
  • リフレクソロジスト免許(主催団体:日本セラピスト認定協会(JTOA))
  • 整体ボディケアセラピスト資格(主催団体:一般財団法人JADP(日本能力開発推進協会))
  • 整体師(主催団体:日本MTC療術師協会)

整体師資格の取得にかかる費用について

一般的な整体師学校には、受講料の他にも費用がかかってきます。まず入学金です。高いところだと8万円~10万円までします。

そして教材費です。こちらは1万5千円~高いところだと10万円を超えるところもあります。しっかりと学校を選ばないと、整体師以外のコースも入っているプランもあるので注意が必要ですね。決して安くはない買い物になるので、事前に確認することが大切です。

嬉しいことに、入学金と教材費がかからない学校もあります。働きながらだとお金を貯めるのも簡単ではないので、資料請求などをしてしっかりと確かめましょう。

整体師の年収

整体学校や整体院の数が増えてきていますが、整体師の収入は実際のところどれくらいなのでしょうか?

一般的に研修として各整体院で務める場合は月給が20万円ほどで、年収にすると240万円ということになります。

一方美容系整体院だと、即戦力として多少は収入が増えるようですね。ですが、本格的な技術を身につけたいのならあまり向いてはいないのかもしれません。

やはり大きな目標としては独立を視野に入れると思います。ですが、卒業後にいきなり独立できるような技術、資金を持った人は少ないでしょう。独立をすると、お客さんの数にも左右されますが、施術代が5,000円とすると1日10名で25日営業をすると1,500万円という計算になります。

独立開業のすすめ

整体師資格が取得できるスクール選び

近年では癒し・健康ブームというのもあり、心身ともに健康になることに多くの人が大注目!
病院にいって本格的に医療行為を受けるのではなく、整体やカイロプラクティス、リフレクソロジー、アロマテラピーなどを利用する方がどんどん増えていっているのです。

整体スクール選びのポイント

こういった流れから、整体を学べる場所もたくさんできてきました。その中から自分が通う一つを選ぶのは一苦労ですね。

そこで私がスクールを選んだときの経験を元に、スクールの選択時のチェックポイントや、おすすめスクールランキングなどの情報をお届けします。よろしかったら参考になさってください。

おすすめ整体師スクールのランキングはこちら ≫

※このサイトに掲載している情報は管理人が独自にあつめたものです。最新の情報を知りたいかたは公式ホームページにアクセスしてみてくださいね!