整体師の資格を取りたい人のための学校選び

整体師の資格取得ガイド » 整体師のお仕事体験レポート

整体師のお仕事体験レポート

整体師として開業に成功した人の体験談を紹介します。
「どのようなプロセスで整体師になったのか」、「実際に働いてみて、整体師の仕事をどう思っているか」などの疑問を解消するヒントになるかもしれません。ぜひ、参考にしてみて下さい。

会社員から整体師へ

私は、会社員として、コンピュータ関係の会社に数年勤務していました。
ある時から、自分の将来や仕事のやりがいなどを考えて、整体師になろうと決心。しかし、生活に余裕があるわけではありません。そこで、仕事をしながら学校で学ぶことにしました。

スケジュール的に余裕がなかったため、私の場合は、学校に1年ほどお世話になりました。学校で学んだことは、大きく分けて学科と実技の2つ。

学科では、人体の各部位や器官の名前などを覚えたり、医学用語を学びました。実技では、整体マッサージとアジャストメントを学習。整体マッサージは、筋肉などをほぐす作用があり、他の施術をより効果的にさせます。実際に働くようになって、ここで習っておいて助かったと実感しました。

実際に仕事をしてみて感じたこと

卒業後は、自分の希望に合った就職先を見つけるため、就職活動に奔走。条件や自分の希望などを考えた結果、アルバイトとしてマッサージ店で勤務することに。こうして、整体師としての第1歩を踏み出した私は、「ソフト整体」という治療をしていくことになりました。

実際に仕事をしてみると、まず、時間内に施術を終わらせるのが難しかったです。患者さんの痛みや悩みを解消してあげたいので、どうしてもこだわってしまうんです。また、親指がとても痛くなりました。今までの何倍も施術して使用しているせいでしょう。

接客でも、時折悩むことが。患者さんは、それぞれ体質が異なるので、1人1人に合わせた施術を短時間で見つけるのが難しかったです。
また、お客さんによっては「症状の緩和」を求めている人もいれば、「マッサージによる気持ち良さや癒し」を望んでいる方など、求めているものもバラバラなので、これを的確に感じ取ることが必要なんだと痛感しました。

それでも、症状が改善されたり、私の施術を気持ち良いと感じて頂けるようになると、純粋な嬉しさと達成感を感じられるようになりました、整体師の仕事は、やはりここが重要なのではないでしょうか。いかに「良くなってもらいたい」と考えられるかが、鍵だと思います。

整体師として開業

その後、私はマッサージ店を退職し、独立。現在は、出張整体師として、働いています。

その際、集客するためのノウハウや税金対策などの勉強も必要になりました。そして、それ以上に、人体や施術について学ぶことは尽きません。

予約が取れないなど、仕事が辛い時期もありましたが、私は「症状の改善」に重点を置いて施術するようにしていました。その結果、そのポイントを重要視している患者さんは、徐々に継続して予約を取ってくれるようになりました。

独立した整体師は、技術の向上や営業、売り上げの管理などを自分でやっていかなければならないので、大変です。しかし、「困っている人を救いたい!」という思いが強い人には、ぴったりの仕事だと思います。