TOP » 独立開業のすすめ » 軌道に乗せるコツ

軌道に乗せるコツ

独立して整体院を開くときにも、いくつか押さえておきたいポイントがあります。まずは整体師として活動直後によくある失敗例を紹介します。

整体院の開業後の失敗例

経営をしていく中で、失敗することもあります。経験を積んで人は成長しますが、先人の失敗を教訓として活用させてもらってうまくいくようにしていくという手もあります。ここでは経営の失敗例とその対策を3つ紹介します。

宣伝広告をしていない

失敗者の考え:開業さえすれば人が来てくれると勘違いしている。周知できていないから誰も来ない。

整体院を開業したといっても、そこに整体院があることを誰も知らなければお客さんは来ません。チラシやインターネットの情報、知人からの紹介や看板でアピールすれば、お店の存在を知ってもらえるでしょう。

今すぐできる整体院のプロモーションや広告・宣伝

  • SNSでPRする
  • WEB広告を出す
  • チラシ・はがきを作る
  • 知人を呼ぶ

対人コミュニケーションが大切だと思っていない

失敗者の考え:整体師は施術をすることが重要なので、知識や技術だけを磨いていればいいという勘違い。

整体師は、人が人に対して施術を行うサービスなので、コミュニケーション能力も重要なポイントとなります。リピーターを増やす、良い評判を広めてもらう効果を考えても、顧客との対応にも注力すべきです。

今すぐできる整体師のコミュニケーション術

  • 自分が施術を受けるシミュレーションをする
  • スクールや同業者に相談する
  • 他のサービス業の接客術を参考にする
  • 参考書、WEBセミナーを活用する

価格設定・会計時の請求で過剰なサービスをする

失敗者の考え:価格を下げれば喜んでくれると思っている。適正価格の料金を提示できず経営難に陥る。

整体師に限らず、人からお金をもらうのが苦手な人がいます。サービス精神豊富で、ボランティア精神の高い人。しかし、施術に合った価格を請求し、最低でも運営・維持にかかる費用を受け取らなければ整体院の存続にかかわってきます。

今すぐできる価格設定・お会計のコツ

  • 収支シミュレーションをする
  • 施術内容に合った価格を設定する
  • サービス料金を事前に設定する
  • スクールや同業者に相談する

整体師の技術や知識についてはバッチリかもしれませんが、開業して経営や運営での不安は大きいでしょう。相談できる開業経験者やアドバイスができる知識のある人が身近にいれば良いですが、必ずしもそうした人がいるとは限りません。整体師の学校や整体スクールでは、技術や知識の習得だけでなく、独立・開業支援や修了後のサポートを行っているところもありますので、まずは相談してみるのはいかがでしょうか。

独立・開業の費用相談も可能!
資格も取得できるおすすめ整体スクールはこちら

整体師として成功するためのポイント

独立して整体院を開くときには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。開業しても集客や経営面での失敗が重なれば、すぐに廃業閉院に追い込まれるケースもあります。ここでは、整体院を経営する上で軌道に乗せるコツについて紹介します。

開業する場所を選ぶ

整体院を開業する場所選びは非常に重要なポイントとなります。一般的には、駅前や繁華街など人の往来が多い場所が集客に効果的ですが、テナント料が高く出費が多くなってしまいます。

反対に駅や繁華街から離れた場所では、店舗にかかる費用は安くなりますが、集客が見込めない場合もあります。

テナント料が高い場合でも、その分の売上が見込めれば問題ないですし、駅や繁華街から離れた住宅でも、宣伝や運営方法によっては集客を見込めるケースもあるので、場所だけで判断せず、運営方法や事業規模など総合的に考えることで、整体院を成功に導くことができるでしょう。

お店の存在を知ってもらう

開業したことを知ってもらわなければ、お客様はきてくれません。整体院を構える場合は看板を出すと、近隣の住民や仕事帰りに興味を持ってもらえる効果があります。また、ホームページを作成することで、整体院を探している人にもアプローチでき、広範囲の集客が望める場合があります。自分の症状にあった治療院を探している場合が多いので、どんな治療をしていてどれくらいの効果があるのかなど具体的な治療例などをのせると効果的です。

その他、これまでの利用者からの紹介や口コミやSNSでの拡散効果、広告やパンフレットを作るなどの方法もあります。

その他のポイント

独自の技術を持っている場合はそれを前面に押し、ここにくるメリットを納得してもらうよう説明してもいいでしょう。ターゲットとする客層によって店の雰囲気を変えることも重要です。高級感を求めている客層を望んでいるのであれば、店の雰囲気も当然高級感あふれる内装に。イメージどおりのお客様が来てくれる可能性が高くなります。