整体師の資格を取りたい人のための学校選び

整体師の資格取得ガイド » 独立開業のすすめ » 独立開業の手順

独立開業の手順

整体師として独立するにはどうすればいいのか、その方法を解説します。

出張整体で開業する

店舗を持つことなく自分が出張して施術をする方法で、割と手軽に開業することができるので最近増えている形態です。平日は普通の仕事をして週末だけ副業として出張整体を行う整体師もいるそうです。

メリットとしては、開業資金が整体院を持つ場合に比べて少なくてすむということ。本格的な整体院を開業する前に、出張整体を行いインターネットなどで顧客獲得を行うという場合もあるそう。

デメリットとしては整体院としての看板があるわけではないので患者さんに宣伝しづらいという点、男性が開業した場合女性の患者さんにはなかなか受け入れてもらえないという点があります。

フランチャイズで開業する

フランチャイズ本部には整体院として成功するためのノウハウがあります。フランチャイズのネームバリューを利用することができますし、顧客収集のための方法や顧客管理のし方など様々なことを教えてもらえる点なども魅力的です。

デメリットとしては最初にある程度まとまった資金が必要で、さらに手数料を毎月支払わないといけないという点があげられると思います。

個人で開業する

整体院にもスポーツ系整体院・癒し系整体院・治療系整体院などさまざまなタイプがあります。まずは自分がどういったタイプの整体院にしたいかをしっかり見極める必要がでしょう。

成功するかどうかは自分の腕しだいということで、莫大な収入を手に入れる場合もあれば、前職の収入のほうがよかったという場合などさまざま。独立心旺盛で経営者として手腕を発揮したい方は挑戦してみるといいのかもしれません。