TOP » 独立開業のすすめ » 独立開業の手順

独立開業の手順

整体師として独立・開業するにはどうすればいいのか。また、どんな働き方、活動方法があるのか。これから独立・開業を目指す人がチェックすべき注意点や、手順と方法について解説します。

整体師として独立・開業するなら

スクールで技術を学んだ人、すでに整体師として活躍している人が、これから独立・開業する際に注意すべき点を紹介します。

整体院を開業する時の資格

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師など、医業類似行為とされる施術や保険を取り扱った開業は国家資格が必要ですが、整体師として活動する場合、国家資格は必要ありません。整体・療術、カイロプラクティック、オステオパシーなど、各施術の知識や技術はもちろん、業務を行ううえでの環境や設備に関するノウハウも必要となりますが、資格は必要なく税務署への開業届を提出することで、整体師として開業することができます。

開業する時の手続き

整体師として開業する時には、税務署へ開業届を提出する必要があります。また、施術内容によっては、各種届出の必要があるケースや税務申告、マンションなどの一室で事業を行う場合は、管理会社や大家さんにも事業確認が必要です。民間療法でも加入できる傷害保険も存在するので、万が一の備えにも注意が必要です。

法律について

整体師としての活動として、直接法律には関係しないものもありますが、施術の範囲を超えてしまうと、抵触してしまう可能性もありますので、十分注意が必要です。ここで、2つの違いについて解説します。

  • 医業類似行為
  • 整体師、あん摩マッサージ指圧師やはり師、きゅう師、柔道整復師が行う施術は医業類似行為といいます。

  • 医行為
  • 医師のみが行える医療行為を医行為といいます。

この2つは、法律で定められているため、医業類似行為や医行為を行ってしまうと法律に触れてしまうことになります。

無資格者によるあん摩マッサージ指圧業等の防止について

医師以外の方が、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう及び柔道整復の施術所等において、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅう及び柔道整復を業として行おうとする場合には、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(昭和22年法律第217号)において、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を、柔道整復師法(昭和45年法律第19号)においては、柔道整復師免許を受けなければならないと規定されており、無免許でこれらの行為を業として行ったものは、同法により処罰の対象になります。

引用元:厚生労働省HPより(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/hourei/061115-1.html)

医業類似行為、医行為に加えて、薬事法、あはき法、柔道整復法、衛生規則など、整体師として活動する場合、関連する法律についても注意が必要です。使用してはいけない言葉もあり、健康を損なう行為にあたると判断された場合には、処罰の対象になるケースもありますので、整体師として活動できる範囲や、関連する法律も知っておくべきでしょう。

独立・開業を目指すなら!
資格も取得できるおすすめ整体スクールはこちら

整体師の種類【独立・開業編】

出張整体で開業する

店舗を持つことなく自分が出張して施術をする方法で、割と手軽に開業することができるので最近増えている形態です。平日は普通の仕事をして、週末だけ副業として出張整体を行う整体師もいるそうです。

出張整体で開業するメリット

出張型の整体師として活動するメリットは、店舗として整体院を持つ場合に比べて開業資金が少なくて済むということ。店舗を持たない場合、ランニングコストも抑えられますし、店舗へ通えない体の不自由な方にも対応可能。顧客獲得の手段としても活用できます。

出張整体で開業するデメリット

整体院として店舗を持たない場合、認知がされにくく出張にかかる時間や移動に伴う労力がかかります。運営の難しさや、異性の患者さんへの対応、集客・販促といった点で工夫が必要です。

フランチャイズで開業する

全国展開しているような大手整体フランチャイズブランドも存在し、ロイヤリティーを支払うことでブランド名とノウハウを使用して開業することができます。

フランチャイズで開業するメリット

フランチャイズ本部には整体院として成功するためのノウハウがあります。フランチャイズのネームバリューを利用することができますし、顧客収集のための方法や顧客管理のし方などさまざまなことを教えてもらえる点なども魅力的です。

フランチャイズで開業するデメリット

デメリットとしては、最初にある程度まとまった資金が必要で、さらに手数料を毎月支払わないといけないという点があげられます。また、それぞれに決まりごとや方針があり、どこに加盟するかも重要なポイントとなります。

個人で開業する

どんな整体院にしたいのかしっかり決める必要があります。さまざまなタイプの整体院の中から自由に自分で決めることができます。

個人で開業するメリット

サービスの内容や運営方法など、自由度が魅力でやり方次第では大きな成功を手にすることができます。開業資金もやり方次第で抑えることができ、自分の理想の整体院を作り上げることができます。

個人で開業するデメリット

施術はもちろん運営から集客、経営に関することまで多岐にわたる業務があるため、労力はかかります。成功するかどうかは自分の腕次第ということで、莫大な収入を手に入れる場合もあれば、前職の収入のほうがよかったという場合などさまざま。独立心旺盛で経営者として手腕を発揮したい方は挑戦してみるといいのかもしれません。

成功への近道は整体スクール

整体スクールでは、整体師としての技術や知識だけでなく、開業時必要な知識を伝えたりするなど、独立・開業支援を行っているところもあります。修了後の相談やアドバイスなども受けられるため、技術はもちろん、独立・開業支援までサポートしてくれる整体スクールで、成功するための整体師を目指しましょう。