TOP » 整体師に関連する国家資格とは

整体師に関連する国家資格とは

整体師に国家資格はない

「整体師」という国家資格はありません。そのため自分が整体師だと名乗れば、その日から整体師になることができます。しかし、実際に整体師として報酬をもらえるようになるまでには、ただ名乗るだけではできません。それなりの証拠が必要になります。その証拠とは、知識や経験になります。

国家資格ではありませんが、民間認定の資格があります。整体師のスクールに行くといろいろなカリキュラムで整体に関する幅広い知識を学ぶことができます。整体師といっても様々な種類があります。どんな整体師を目指すのか、どんな知識や技術を習得したいのかで学ぶ方向も違います。自分が求めている学習ができます。また、それ以外にも就職や独立のためのいろいろを学ぶこともできます。

整体師に関する国家資格の種類とは

国家資格を取って活躍できるようになるまでには資格を取得できるまでに学ぶ必要のあることがたくさんあります。3年以上または、4年間の習得すべきカリキュラムをすべて網羅した後でなければ国家試験を受けることができません。

  • 柔道整復師
  • 公益財団法人柔道整復研修試験財団が管理する国家資格。取得には、高校卒業後に厚生労働省や文部科学省が許可する大学や、3年以上の専門学校で履修後、国家試験の合格が資格取得の条件となります。

    >>柔道整復師の資格についての詳細はこちら

  • あん摩マッサージ指圧師
  • 財団法人東洋療法研修試験財団が管理する国家資格。取得には、高校卒業後、厚生労働省や文部科学省が許可する特別支援学校や専門学校で東洋医学に基づいた科目を3年以上学び、国家試験の合格が資格取得の条件となります。

    >>あん摩マッサージ指圧師の資格についての詳細はこちら

  • 鍼灸師

公益財団法人東洋療法研修試験財団が管理する国家資格。はり師・きゅう師を養成する専門学校などで、東洋医学をはじめとした科目を3年以上学び、国家試験の合格が資格取得の条件となります。

>>鍼灸師の資格についての詳細はこちら

上記すべての技師は、ともに専門技師として活動するためには国家資格が必要とされています。それぞれがどんな特徴があるのかということや、資格を取るまでにどんなことが必要になるのか確認し、自分の目標とする技師に国家資格が必要か、民間資格で活動ができるのかを見極めて学習しましょう。

整体師は国家資格がなくてもOK

国家資格がなくても整体師として活躍することは十分にできることです。しかし、活躍できるようになるためには、それなりのスキルが必要になります。どんなスキルかということは自分の興味や得意分野になります。

>>整体師に関連する民間資格の詳細はこちら

民間の資格で習得できるものは以下のものがあります。

以上が民間で学べるもので、その他、独立を考えているような方へ、運営のための必要なノウハウを学ぶことができます。整体師としてやっていくのであれば、知識や技術は絶対条件です。知らないとできません。