TOP » 整体師に関連する国家資格とは » 柔道整復師

柔道整復師

このページでは、柔道整復師の国家資格の概要や取得方法、民間資格の整体師との違いを紹介します。

柔道整復師とは?

柔道整復師とは、厚生労働省が整骨医、接骨医として定義している国家資格取得者です。柔道整復を業とし、本古来固有の伝統医療で評価、整復、固定、後療法、指導管理などを行います。骨折や脱臼、打撲、捻挫といったけがに対して、整復・固定などの治療を行うことができる専門家です。

整体師との違い

整体師に関連する国家資格としては、柔道整復師あん摩マッサージ指圧師鍼灸師があります。柔道整復師の国家資格を取得すれば、その他の民間資格では禁止されている、「接骨院」や「整骨院」という施術所を開業できます。

国家資格の取得方法

柔道整復師の国家資格を取得するには、高校卒業した後に厚生労働省や文部科学省が許可する大学や3年以上の専門学校で履修後、国家試験を受けます。

柔道整復師国家試験の概要

柔道整復師の国家資格は、財団法人柔道整復研修試験財団が毎年1回試験を実施。期日や場所、受験願書の提出期限は9月初旬に官報で公告されます。

  • 受験資格
  • 学校教育法第90条の規定により大学に入学することのできる者で、3年以上文部科学大臣が認定した学校又は厚生労働大臣が認定した養成施設(いわゆる専門学校)で知識、技能を修得した者。

  • 受験手数料
  • 16,500円

長い時間と費用が必要な国家資格

柔道整復師の国家資格は、受験資格を満たすために必要な履修期間が長く、知識や技術の習得にかかる時間と費用がかかります。整体師として活動する場合、国家資格は必須でないため、目指す整体師によっては民間資格のみ取得することが近道となります。

まずは、自分が目指す整体師を決めて、国家資格が必要なのか、民間資格が必要なのかを見極めましょう。民間資格でも整体師として活動できるので、将来を見据えて必要な知識と技術を学びましょう。資格を取得する場合は、各スクール認定されている資格取得が可能なので、学びたい技術や取得したい資格を明確にすることが、成功する整体師への近道です。