TOP » 整体師に関連する国家資格とは » 理学療法士

理学療法士

このページでは理学療法士の資格に関する概要や取得方法、民間資格の整体師とどのようにちがうのかを紹介します。

理学療法士とは?

理学療法士

ケガや病気によって身体に障害がある方や障害の発生が予見される人に対して、立つ・座る・歩くなどの基本動作の回復や維持を目的とした専門職を指します。

一律した支援を行うのではなく、医学的・社会的視点から患者の身体能力や生活環境などを評価。それぞれの目標に合わせた適切なプログラムを作成する役割も求められています。

元々は患者本来が持っている基本的動作能力の回復を図るため、治療体操や電気刺激、マッサージや温熱などを与えるなどさまざまな手段が定義されています。

整体師と理学療法地の違いとは?

整体師と理学療法士は、どちらも患者の体のケアを行う仕事ですが、就業する場所が違います。

整体師は整体院やカイロプラクティック、リラクゼーションサロンに務めているのに対し、理学療法士の主な就業先は病院やクリニック、リハビリ施設です。中には特別支援学校の臨時免許状を得て、学校教育現場で勤務している理学療法士もおります。

理学療法士資格

理学療法士国家試験の概要

整体師には国家資格が必ずしも必要ではございません。そのため資格がない方でも「整体師」を名乗ったり働いたりすることも可能です。一方の理学療法士は国家資格となるため大学や短期大学、専門学校で理学療法士に必要な知識や技術を習得したうえで受験資格が付与されます。

  • 受験資格
  • 以下の条件に当てはまる人が、国家試験の受験資格を得ることが出来ます。

    学校教育法第90条の規定した大学に入学できる者で、3年以上文部科学大臣が認定した学校または厚生労働大臣が認定した養成施設で知識や技術を習得した者。

    例外として、すでに「作業療法士」の国家資格を取得している人に関しては、養成校にて2年以上学ぶことによって受験資格を得ることが出来ます。文部科学省や厚生労働省によって認可された大学や専門学校であれば、資格取得のために必要な知識や技術を習得できるようカリキュラムが組まれています。

    しかしひとつ注意。大学や専門学校で学ぶことはどちらかというと、卒業後に現場で役立たせるための実際的な技術や知識の習得を目的としています。なので国家資格を取得するためには、普段の授業とは別に、過去問題をたくさん解くなどして試験に合格するための学習をする必要もあります。

    しかし実績があり評判の良い大学や専門学校に入学すれば、そのような「資格を得るための取り組み方」もしっかりレクチャーしてくれます。

    理学療法士の国家資格を取得するためには、高い学費と多大な時間を投資しなくてはいけません。なので、学校の選び方にも注意を払いましょう。

  • 受験内容
  • 筆記試験

    問題数は160問で、1問1点です。試験はマークシート方式で、5つの選択肢の内から1つか2つ、回答を選択します。試験には以下の科目が含まれます。

    ・解剖学

    ・生理学

    ・運動学

    ・病理学概論

    ・臨床心理学

    ・リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)

    ・臨床医学大要(人間発達学を含む)

    ・理学療法

    口述試験及び実技試験

    問題数は40問で、1問3点となっています。

    以下の科目に基づく実技試験が行われます。

    ・運動学

    ・臨床心理学

    ・リハビリテーション医学

    ・臨床医学大要(人間発達学を含む)

    ・理学療法

また、重度視力障害を持つ人に対しては、筆記試験の実地問題の代わりに口述・実技試験が準備されています。

合格条件

合格条件は、上記2種類の試験総得点が168点以上で、なおかつ実地問題43点以上を満たすことです。つまり、実地問題はおおよそ3分の1以上、そして一般問題は6割以上の正解を目指すことで合格となります。現在の制度では、一度資格を取得すると生涯にわたって資格を維持することが出来ます。

試験の合格率は?

ここ10年の国家試験合格率の推移を見てみると、受験者のおよそ80%以上が合格しています。毎年およそ11,000~12,000人程度が受験しているため、1年に10,000人程度の理学療法士が生まれていることになります。認可された大学や専門学校にてしっかり学べば、国家資格取得は決して高いハードルではないと言えるでしょう。

大学や専門学校の費用と給付金制度

理学療法士になるための学費の相場は次の通りです。

  1. 国公立大学の場合 年間約60万円(4年間)

  2. 私立大学の場合 年間約135万~200万円(4年間)
  3. 3年制専門学校の場合 年間約115万~170万円(3年間)
  4. 4年制専門学校の場合 年間約100万~175万円(4年間)

上記の学費に加えて教科書代なども加算されます。理学療法士の国家資格取得のためには、厚生労働省や文部科学省の認可を受けた教育機関にて3年以上の履修を受けることが義務付けられています。そのため上記の費用と時間は、資格を得るために必要な経費と言うことが出来るでしょう。

ただ現在働いている方や離職中の方は、厚生労働省による教育訓練給付制度を活用できるかもしれません。最大で3年間合計144万円まで学費の援助を受けることが出来ます。該当する方は是非とも活用しましょう。

  • 受験手数料
  • 10,100円

>>その他の資格やおすすめの整体スクールについてはこちら

資格取得するなら大学と専門学校どっちがいい?

理学療法士の試験資格を取得するために大学と専門学校のどちらで資格取得の勉強をした方がいいのか迷っている方も多いでしょう。このとき「何を目的に勉強するのか」という考えを根本におき、比較してみると入学後のギャップを感じずに勉学に励むことができますよ。

少人数制の専門学校

専門学校は30~40人と少人数制で授業が行われるため、講師との距離が近いのがメリットとして挙げられます。疑問が出たたきも、解決しやすい環境が整っているので、大学より専門的に学べる環境が整っています。

また授業を受けている生徒とも顔を合わせる頻度が多くなるため、将来理学療法士を目指している仲間も自然と見つかるでしょう

学校からのフォローも手厚く、学習面・就職面でフォローが期待できる専門学校。少人数だからこそ、授業外でも進路相談といった、先生と一対一で相談できる環境は魅力的ですね。

大人数で学ぶ大学

大人数で学ぶメリットは多くの同期や先輩、後輩ができること。社交的なスキルも培えるので、将来の人脈において大きなアドバンテージを得られるでしょう。学習分野が理学療法や整体師にとらわれず、さまざまな研究会や勉強会などが行われているため、卒業後は幅広い分野で就職が可能です。

資格取得にはしっかりとした取得スケジュールが必要

理学療法士の国家資格は大学や専門学校など、いずれにしても長期間の履修をおいて受験資格が与えられます。そのため資格取得までの時間と費用はそれだけ必要です。理学療法士として活躍する場合、国家資格は必須なためご自身の今後の展望に合わせてスケジュールを構築していきましょう。