TOP » 整体師に関連する民間資格とは » ボディケアセラピスト

ボディケアセラピスト

整体師とひとことで言っても、実はいくつか種類の整体師があります。ここでは、ボディケアセラピストの資格について紹介します。

ボディケアセラピストの資格とは?

ボディケアセラピストに国家資格はありません。日本ボディケアセラピスト協会や日本能力開発推進協会(JADP)の認定する民間資格が代表的な資格となります。

そもそもボディケアセラピストとは?

ボディケアセラピストとは、神経の仕組みや骨格の構造などの専門知識をもとに、からだの歪みを調整する施術で、不調な症状に対してケアをしていく施術師です。一般的な整体師と類似していますが、リラクゼーションにより特化している点で違います。施術方法はさまざまで、アロマオイルを使ってボディケアを行う場合もありますし、根本から健康なからだ作りをしていく場合もあります。

代表的な資格

ボディケアセラピストの資格は国家資格ではなく、民間の資格になります。協会や団体が各々認定する資格試験を合格することによって資格を取得することができます。

  • 整体ボディケアセラピスト(一般社団法人 日本能力開発推進協会/JADP)
  • 協会指定の認定教育機関の全カリキュラムを修了した人が受験可能。試験料は5,600円。

  • ボディケアセラピスト(一般社団法人 日本ボディケアセラピスト協会)
  • ボディケアセラピスト認定講座(36時間)の受講が必要です。受講料は288,000円。

認定資格を取得する条件としては、試験を受ける前に協会や団体が開催している講座を受講したり、スクールに通うことになります。それを修了した後に試験を受けることができます。

ボディケアセラピストの民間の資格を取ることで得られるメリットはとても大きいです。整体師の仕事の種類はいくつも枝分かれしており、リラックスをしたい人が増えており、サロンなども多いので需要は多い傾向にあります。

ボディケアセラピストになるには

ボディケアセラピストになるには、民間の団体や協会が各々認めている資格取得に向けて、整体スクールに通うことが一番の近道です。資格取得に加えて、さまざまな知識の習得、就職サポートや独立・開業のノウハウも得られるスクールで整体師を目指しましょう。