TOP » 整体師に関連する民間資格とは » カイロプラクター

カイロプラクター

整体師とひとことで言っても、実はいくつか種類の整体師があります。ここでは、カイロプラクティックの資格について紹介します。

カイロプラクティックの資格とは?

カイロプラクティックに国家資格はありません。国内におけるカイロプラクターの資格は、日本カイロプラクターズ協会(JAC)や日本カイロプラクティック登録機構 (JCR)の認定する民間資格が代表的な資格となります。

海外では法制化されており、WHO(世界保健機関)の教育基準に基づき、4年以上の全日制教育で4200時間以上の授業を修了後、国や地域が指定する資格試験に合格することでカイロプラクターの資格を取得することが可能です。

そもそもカイロプラクティックとは?

カイロプラクティック(Chiropractic)とは、Chiro(手)とPractic(技術)を組み合わせた造語です。骨格のゆがみや背骨の機能異常を手技によって調整する施術法で、人間本来の自然治療力を高めることを目的としています。

神経筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、関節アジャストメントおよび/もしくはマニピュレーションを含む徒手治療を特徴とし、特にサブラクセーションに注目する。

引用元:世界保健機関(WHOガイドライン)より(http://www.jac-chiro.org/whojpnguide.pdf)

代表的な資格

カイロプラクティックの資格は国家資格ではなく、民間の資格になります。協会や団体が各々認定する資格試験を合格することによって資格を取得することができます。

  • 登録カイロプラクター(日本カイロプラクティック登録機構/JCR)
  • WHOガイドラインに準拠した教育プログラムを修了後、受験可能。

海外では法制化が進んでいますが、日本では民間療法のため、資格を持っていなくても開業は可能。ただし、厚生労働省より「脊椎の調整を目的とする点において、あん摩、マッサージ又は指圧と区別され、したがって、あん摩、マッサージ又は指圧に含まれないものと解する」とされています。

カイロプラクターになるには

カイロプラクターになるには、確かな技術と知識が必要です。しっかり学べるスクールで専門的な知識、正しい技術を学んでいきます。身体の構造、神経や筋肉などの専門的なことを学び、身体の状態を把握することがとても大事です。

取得方法は、試験を受け合格すると資格を取ることができます。スクールによっては、実際の現場経験のある講師のもとでのいろいろなことを学ぶことができます。受講資格はありません。

世界保健機関(WHOガイドライン)の基準に基づいた、カイロプラクティックJCR試験受験資格プログラムも存在しますが、受講条件や費用なども踏まえて、自身の目指す整体師に合わせた学習方法を選びましょう。