TOP » 整体師に関連する民間資格とは » 整体師・療術師

整体師・療術師

整体師とひとことで言っても、実はいくつか種類の整体師があります。ここでは、整体師や療術師の資格について紹介します。

整体師・療術師の資格とは?

整体師・療術師

整体師や療術師に国家資格はありません。

どちらもからだの不調を整えるものとなりますが、その施術・療術の技術を証明する民間資格があります。

療術師も整体師と似た扱いをされることが多いですが、学習するスクールや医院によって、知識や手技にも違いがあります。

そもそも整体師とは?

整体師には、明確な定義が存在しません。さまざまな手技・療法を用いて施術を行い、からだの不調を改善することが整体師の仕事となります。

そもそも療術師とは?

療術とは、明治時代から伝わる民間療法で、療術師は電気療法や温熱・刺激、指圧などの手技療法を利用した医療類似行為を業とする職業です。整体師と類似しており、からだの歪みや痛みの改善と日常の生活指導などを行います。

代表的な資格

数ある整体師・療術師の資格のなかで、代表的なものを紹介します。

整体師(主催団体:日本MTC療術師協会)

日本MTC療術師協会認定の専門スクール入学し、コース終了時の認定試験に合格すると日本MTC療術師協会認定の整体師資格が取得できます。

リラクゼーションで全身の疲れを癒したり、身体の細かい部分にアプローチする整体施術、ストレッチ法などの実技の他、基礎解剖学、生理学の知識の取得も必要ですが、スクールの卒業と同時に無理なく資格取得できます。

整体セラピスト(主催団体:日本整体セラピスト認定協会)

日本整体セラピスト認定協会の認定する専門スクールに入学し、スクールのコースを終了時に整体セラピストとして認定されます。

療術師(主催団体:東日本療術師協会)

東日本療術師協会認定の専門スクールに入学し、規定のコースを終了して卒業すると、東日本療術師協会に推薦状が送られ、東日本療術師協会認定する療術師の資格を取得できます。それと同時に東日本療術師協会の正会員になることができ、療術師として開業できます。

整体師・療術師になるには

整体師は誰でもなれますし、資格がなくてもすぐに活動を開始できます。しかし、就職や独立をする時に有利に働くものとして、民間資格があります。資格を取得することで、技術や知識の証明となり、信頼・信用度が高まります。

就職するときにも資格を持っているかが1つの採用の判断基準になります。独立する場合は、整体スクールでもさまざまな経営・運営についてのノウハウを学ぶことができます。自分のスキルや興味、これまでの経験を活かした強みなどを考え、どんな資格を取得するといいのかを考えましょう。

整体師・療術師になるには、民間の団体や協会が各々認めている資格取得に向けて、整体スクールに通うことが一番の近道です。資格取得に加えて、さまざまな知識の習得、就職サポートや独立・開業のノウハウも得られるスクールで整体師を目指しましょう。

ウィルワンアカデミー

ウィルワンアカデミーは、整体の業界専門の人材紹介会社が経営母体です。そのため卒業後の就職率は100%。この人材派遣会社が経営母体という利点は就職率ばかりではありません。

たとえば直営サロンが経営している学校だと、就職先には困らなくても、そのサロングループの技術しか学べないというデメリットがあります。しかし、ウィルワンアカデミーの場合は、そのような偏りがなく学べるのがメリット。

コースも就職を前提としてプログラムされたコース、ベーシックなことを学びたい人向けのコース、独立開業を志す人向けの経営の実践まで学べるコースと非常に現実的。講師陣も業界のことを知り尽くしたトップクラスなので、卒業生は現場に出てすぐに役立てることが特徴です。

入学前も何度でも見学や体験、相談が可能。年末年始以外年中無休で好きな時間に通えることや、卒業後の無料サポートシステムがあります。

教育ローンや、引越しサポートなどもあります。

東京療術学院

整体をはじめ、東洋医学、西洋医学を問わず、さまざまな施術を学べる多くの学科、コースが設けられているのが特徴です。フレキシブルに講座を追加して、自分にピッタリ合った学びができます。

手に職をつけて早く自立したい人や、高校や短大、大学卒業資格も欲しい人のために、高校卒業と療術師の資格がダブルで取れる高等部、通信学部、など、様々な通学スタイルが選べます。

50〜70代向けの特別コースも人気です。受講費用を始め、各種の支援制度が充実していて、本当に学びたい人に門戸を開いています。

卒業後の就職支援も充実しています。卒業生のみを対象にしたフランチャイズ制度もあり、独立開業を目指す人向けの支援もあります。

また、予防介護として、介護予防指導員資格や介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)資格が取得できるようになりました。未経験でも取得可能で需要が高い予防介護のコースは、80代の方でも無理なく習得可能です。

YMCメディカルトレーナースクール

整体師、ヨガインストラクター、リフレクソロジー、アロマ・ボディセラピスト、ピラティスインストラクター、チャイルドボディセラピストの5つのカレッジから構成されています。YMCメディカルトレーナースクールでは、骨盤バランス・解剖学・生理学的の知識を重視していて、ホリスティックな心と体の調和を目指す施術を理想としています。

また、大切にしているのは技術とサービス力を兼ね備えた人材の育成です。ヨガに関しては全米ヨガアライアンス認定校で、リラックス系・パワー系・骨盤調整ヨガなど、現場の声を生かしたプログラムを学ぶことができます。

国内8校のネットワークで、仕事帰りに学べる駅から5分の好立地も特徴です。普段は職場の近くの学校、週末は自宅近くのスクールで学ぶことも可能です。また、生徒一人ひとりに担任がついて受講中だけでなく、就職や開業のサポートシステムがあります。