TOP » 整体師に関連する民間資格とは » スポーツ整体師

スポーツ整体師

整体師とひとことで言っても、実はいくつか種類の整体師があります。ここでは、スポーツ整体師の資格について紹介します。

スポーツ整体師の資格とは?

スポーツ整体師に国家資格はありません。日本体育協会やジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会が管理する資格が代表的ですが、海外でも活躍するための資格や認定試験も多数存在します。

そもそもスポーツ整体師とは?

スポーツに特化した整体師といっても、その役割はトレーナーとしての技能や栄養管理、ケガの予防など、多岐にわたります。スポーツ選手のからだをサポートするため、基礎的な整体学に加えて、トレーニングに関する理論から体調管理といったさまざまな専門知識が必要です。

代表的な資格

数あるスポーツ整体師の資格のなかで、代表的なものを紹介します。

  • NSCA認定CPT資格(全米資格認定委員会認証)
  • スポーツ整体師
  • メディカルトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • スポーツアロマセラピスト

スポーツ整体師のメリット

整体師の民間資格を取ることで得られるメリットとしては、専門性が高く需要もある職業なので、安定した収入を得ることができます。独立した場合は、軌道に乗るまでは大変なこともあるかもしれませんが、顧客を獲得し、軌道に乗ればサラリーマンよりも高い収入が見込めます。

また、自分のスキルが全ての仕事なのでとてもやりがいがあります。仕事の中には、自分の仕事が一体何の役に立っているのかが不明瞭でわかりにくい仕事もありますが、整体師の仕事は直にわかりますのでとてもやりがいがあります。自分がしたことが人の役に立ち、感謝されることも少なくありません。

スポーツ整体師になるには

スポーツ整体師になるには、民間の団体や協会が各々認めている資格取得を目指し、整体スクールに通うことが一番の近道です。資格取得に加えて、さまざまな知識の習得、就職サポートや独立・開業のノウハウも得られるスクールで整体師を目指しましょう。