TOP » 整体スクールの選び方 » 受講の期間

受講の期間

整体スクールでは、半年~2年くらいの範囲でカリキュラムが組まれているケースが多いですが、実際に整体師になるためにはどのくらいの期間、スクールに通えばよいのか解説します。

受講期間について

やはり数週間の短い講習を受けただけでは、骨格の矯正などの本格的な整体の仕事をするのは難しいようです。ただし、クイックマッサージなど癒し系のお仕事では可能な場合もあります。

ただ、実際に人の体に触れる仕事なので、独りよがりの知識では大変危険です。最低でも半年、できれば1年くらいじっくりと体を矯正するための技や人体に関する知識を学ぶ必要があるといえるでしょう。

国家資格取得に必要な期間は?

どのくらいの期間が必要なのかは、それぞれ異なります。国家資格の柔道整復師あん摩マッサージ指圧師なら、3年間の養成学校の卒業資格が必要です。学費は5,000,000円が必要です。

鍼灸師は、3年の育成学校又は4年制の鍼灸大学があります。5,000,000円から7,500,000円かかります。

整体スクールごとに異なる授業方式

整体スクールの授業方式を分類すると次のように分けられます。

  • 日制/夜学
  • 全日制は平日の昼間に授業が行われます。夜学は夕方以降。専門学校に多い形式です。本格的に整体を学ぶ期間が取れる人にはしっかり授業を受けることができますが、仕事をしている人や突発的な残業が多い人は少し難しいかもしれません。

  • 日時指定
  • 特定の日時に授業が行われる。整体スクールや整体セミナーに多い形式です。

  • 通信教育
  • 専門学校や整体スクールが作成したDVDや教材を使って自宅で学習する形式。受講中に何度か実技の講習を受けることができるタイプもあります。空いた時間で勉強できますが、やりとげるためには強い意思が必要ですね。私には難しいかもしれません。

  • フリータイム制
  • 生徒が自分にあった時間を指定して授業が選べる形式です。自分の都合に合わせることができるので、直前まで予定が決まらない人には便利です。やはり仕事をしている社会人が多いようです。

目指す整体師に必要な期間をチェック

整体師といってもさまざまな種類があります。カイロプラクティックや介護、スポーツ系やアロマセラピーなどがあります。その他、国会資格が必要な柔道整体師やあん摩マッサージ指圧師などがあります。比較的に短期間で技術が習得できるものから、長期間を要するものがあります。自分がどんな知識と技術を習得し、どこを目指しているかによって期間も費用も大きく異なりますので比較検討を行うことが大事です。

また、整体師として経営・運営ができる知識も必要です。マーケティングや接客などについてのことも技術を習得することと同じくらい大事なことになります。整体師のスクールによっても期間は異なりますので、自分のライフスタイルにあったコースを見つけましょう。