TOP » 整体師になるには?

整体師になるには?

整体師になるために必要なことは、知識と技術と経験、そして資格が必要です。ただし、整体師に国家資格はなく、極論を言えば、未経験でも税務署へ開業届を提出すれば、すぐにでも整体師として活動できます。

しかし、知識と技術がなければ施術は不可能ですし、経営に関するノウハウも必要。お客さんの立場から考えても、資格取得が技術の証明となるため信用度もあがります。

では、知識と技術を学び、資格を取得する方法はどんなものがあるのでしょうか。このカテゴリでは、整体師になるための3つの方法を紹介します。

整体師に必要な知識と技術の習得方法とは

整体師の資格取得は1つの重要なポイントとなりますが、整体師として必要な知識と技術を学び、活動する方法としては、「整体スクールに通学して学ぶ」「通信講座でDVDを見ながら自宅で学習する」「整体院で働きながら経験をつむ」の3パターンがあります。それぞれの特徴とメリットを紹介します。

整体スクールに通う場合

整体師としての指導経験が豊かな講師から、直に知識と技術を学べるうえ、資格も取得できるという特徴があります。そのほかにも経営に関するノウハウや幅広い整体術まで学べるカリキュラム、就職支援と独立・開業サポートなど、スクールによって差はあるものの、質の高い整体師として活動するための要素がそろっています。

>>整体スクールに通うメリットを詳しく見る

通信講座の場合

自宅にいながら整体の技術と知識を学べるので自分の好きなときに学習できるというメリットがあります。通学制のスクールに比べて費用が安いものが多く、期間も短いものから長いものまでさまざま。

>>通信講座で整体技術を学ぶメリットを詳しく見る

働きながら経験をつむ場合

整体院で未経験から始められる研修制度を利用することで、整体師に必要な知識と技術を学ぶ方法があります。給料をもらいながら現場で学べるメリットがあります。

>>整体院の研修で整体技術を学ぶメリットを詳しく見る