TOP » 整体師の基礎知識 » 整体師の将来性は?

整体師の将来性は?

整体師の現状はどのようなものか

整体師の仕事は、外科手術や投薬などといった西洋医学的なアプローチとは異なり、手技治療によって打撲や捻挫、関節痛などの症状を緩和、治療することです。そうした整体師の現状は、ニーズは高いと言えるでしょう。整体師というと、年をとって体の痛みや不自由に悩むようになった人たちがメインのニーズというイメージもありますが、近年では若い世代からのニーズも高まっています。特に、美容やダイエット、産後のケアに役立つということで若い女性からのニーズが増えているのです。

また、確実にあるニーズとしては介護関連のものが挙げられます。介護保険関連施設には、機能訓練指導員を配置することが義務付けられているのです。そのため、整体師に加えて機能訓練指導員の資格も持っていれば、介護関係の職場からのニーズが確保できるでしょう。このように、今後も整体師の活躍の場は増えていくと考えられます。

反面、それは整体師の競争率も高くなっていくことを意味しています。確かに需要自体は安定しているのですが、整体師の数は非常に多いのです。専門職の中では、整体師はハードルの低い職種だと言えます。必要な資格と技術を習得すれば、資格や経歴・学歴を問われることもありませんし、養成機関に通うための時間もほかと比べると短くて済みます。そのため整体師を目指す人は数多く、その実力差はかなり大きいのです。結果、実力や人気のある整体師に顧客が集中する傾向が非常に強くなっています。

整体師の将来性はどうなのか

整体師の需要は、今後さらに拡大していくと予想されています。その理由としてまず挙げられるのは、少子高齢化の進行です。ますます進行する少子高齢化によって、団塊・団塊ジュニアの世代の興味関心は、よりよい老後を過ごすために健康や医療へシフトしていくと見られています。それに合わせて、整体をはじめとする代替医療の需要は今後増加していくと予想されているのです。

別の分野の需要としては、スポーツトレーナーとしての需要も増加すると考えられています。近年では、精神論ではなく合理的なトレーニングが重視されるようになっており、優れた選手を育成するためには、優秀なスポーツトレーナーは欠かせない存在となっているのです。選手個人の専属スポーツトレーナー以外にも、プロスポーツチームに所属するスポーツトレーナーとして働くというケースもあるでしょう。