TOP » 整体師の基礎知識 » 女性整体師のニーズ

女性整体師のニーズ

女性整体師のニーズは、近年高まりを見せつつあります。女性の社会進出が進み、男性と同様に肩こりや腰痛などに悩まされる女性が増えていることや、美容系の需要が増えてきていることがその原因です。整体師は力のある男性だけの仕事ではありません。女性整体師がどのような形で必要とされてきているのかについて、詳しく解説します。

美容系需要の増加

現在、整体師の需要は、美容系にも広がりつつあります。骨盤や猫背、ストレートネックなどデスクワークとストレスの多い現代人は、男女を問わず姿勢を正しくして健やかな身体を保ちたいという欲求が高まっている状態です。

女性整体師の中には、整体の技術にプラスしてアロマテラピーやオイルを使ったマッサージなど、リラクゼーション効果も目指す施術を展開して人気を博しているケースもあります。また、出産後の女性をサポートする「産後整体」など、女性特有の悩みに対応してより美しくなりたいという気持ちを応援するサービスも人気です。

美容系のサービスが増加していくと、自然と女性で整体を受けたいと望む人も増えてくるため、女性整体師の需要も増していく流れはこれからも続くでしょう。

温浴施設でのマッサージサービスも増加

スーパー銭湯のように大きな温浴施設やリゾートホテルには、リラクゼーションサロンやマッサージルームのサービスを展開している場合が多く見受けられます。女性が思わず受けたくなるようなさまざまなサービスが多く、旅行に行くとそのマッサージを受けるのが楽しみという人もいるのではないでしょうか。

このような施設内のサロンでも、女性が活躍している場合が多く、女性整体師の活躍の場はさまざまな方面に広がりを見せています。

女性担当者の指名

女性に喜ばれるサービスを展開していく上で、やはり同性の整体師に施術をお願いしたいという女性も多くいます。男性整体師の力が強過ぎると感じたり、男性に素肌を触られること自体に抵抗があったりする女性も少なくありません。

整体の施術を受けに来る女性たちの多くは女性担当者を望む傾向が強く、常連になるとお気に入りの女性担当者を指名します。「女性の来客には女性が対応する」というパターンはこのような形で広がり、需要のすそ野を広げているのです。

女性整体師の働き方

女性整体師の働き方は、ライフイベントを迎えることで大きく変化する可能性があります。育児をしながらでも仕事は続けられますが、子どもが小さいうちはいったん正社員からパートなどの勤務形態に切り替えたり、自分のペースで仕事ができるように独立したりと選択肢はさまざまです。

個人経営の小さな整体院では、子どもを育てながらの勤務に理解があるかどうかで、金属のしやすさは大きく左右されます。フランチャイズ展開をしている大型の整体院や美容サロンなら、個人経営の整体院よりも柔軟な働き方も選択できる余地はありますが、これもそれぞれの環境によって大きく異なります。

出産後も仕事を続けたいという希望があるなら、就職先の整体院が、子育てなどに理解があるかどうかをよく確認した方が良いでしょう。

資格があれば仕事復帰も可能な点は大きな強み

結婚・出産・子育てなどで一度勤務していた整体院を退職しても、ある程度子育てが落ち着いてくれば、資格を活かして再就職できる道もある点が、女性整体師の強みです。いきなり正社員での再就職は難しくても、子どもの小さいうちはパートで復帰して、正社員を目指すという道もあります。

女性整体師の今後

これから超高齢化社会を迎える中で、整体やリラクゼーションといった「癒やし」に関わる仕事はますます需要が見込まれる分野と言えます。整体師の資格を取って、しっかりキャリアを積んでいけば、将来も活躍できるチャンスは大いにあると言えるでしょう。