整体師の資格を取りたい人のための学校選び

整体師の資格取得ガイド » 整体師の基礎知識 » 資格は必要?

資格は必要?

ここでは、整体師として働くために必要な資格について紹介します。

整体師は国家資格ではない

実は、整体師というのは、国家資格ではありません。

整体は医療行為ではなく、民間療法であるため、整体師になるための公的な資格というものは、今のところ存在しないのです。

現在、整体師をめざす私たちが「資格」と呼んでいるものは、それぞれのスクールや団体が発行している、「民間資格」になります。

たいていはスクールで課程をこなした後、試験を受けて、資格取得とともに卒業、という形が多いので、どちらかというと資格というより、修了証のようなものに近いのではないかと思います。

資格がなくても整体師として働ける!?

法律上、整体師になるのに国家資格などは必要ないので、極端なことを言えば、誰でも今すぐに整体師を名乗って開業することができます。

しかしそれはあくまで、法律上のお話。

実際には、人体の仕組みに対する知識やきちんとした技術なしに、整体師として仕事をして、充分な収入を得るのは、まず無理です。

直接人の体に触れて、体のさまざまな痛みや不具合を改善するのが整体師の仕事ですから、当然ですよね。

さらに、整体の知識や技術を独学で身につけることはほぼ不可能。

ですから、たいていはスクールや通信講座などで学び、そのスクールの卒業資格を取得してから、晴れて就職するというのがほとんどです。

また、資格を持っていることは、自分の整体師としての実力やスキルの証明にもなります。

そして当然ながら、就職活動の際にも、資格を持っているのと持っていないのでは、歴然の差があります。

やはり整体師を目指すなら、きちんとしたスクールを探して、資格を取得しておくことをおすすめします。

また、スクールによっても学べる技術はさまざまですから、

資料を取り寄せたりして、よく吟味したうえで、自分のやりたいことやビジョンに合ったスクールを選んでくださいね。