TOP » 整体師の基礎知識 » 整体師のやりがいは?

整体師のやりがいは?

整体師にはこんなやりがいがある!

利用者から感謝してもらえる

仕事にやりがいを感じるのはどんな時かと聞かれれば、多くの人は「お客さんから感謝してもらえた時」と答えるのではないでしょうか。整体師でもそれは変わりません。しかも、整体師の仕事は一人ひとりのお客さんと直接、長期間に渡って接する仕事なので、直接感謝の言葉をもらえることが多い職業です。多くの人と直接関わって、感謝してもらうことに喜びを感じる人なら、整体師の仕事に大きなやりがいを見出すことができるでしょう。

患者さんのQOLの向上に貢献できる

自分の成し遂げた仕事が、人や社会のためになっているということも、仕事の大きなやりがいとなります。整体師の仕事は、さまざまな体の悩みを抱えている人に施術を行なうことで、日常生活を送りやすいようにすることです。そのため、自分が担当している患者さんの生活の質=QOLの向上に、直接関わることができます。自分の担当している患者さんが少しずつ、しかし確実に日常生活を楽に遅れるようになっていく様子を見られるのは、整体師の特権と言えるでしょう。

整体師にはこんな魅力がある!

スキル次第でどこでも仕事ができる

整体師の仕事の大きな魅力のひとつが、十分なスキルがあれば場所や土地を選ばず仕事ができるという点です。整体院は探せばどこでも見つかりますし、独立して開業することも可能です。さらに、整体師としての需要は国内に留まりません。海外の大都市には日本人向けの整体サービスの需要があるので、海外に飛び出していくことも可能なのです。

年齢を問わずに働ける

整体師として働くためには、特別な資格や経歴は必要ありません。整体師としての勉強をして必要な知識やスキルを身につければ、年齢も関係なく仕事を行なうことができるのです。事実、整体師の年齢層は幅広く、下は20代から上は50代まで、幅広い年齢層の人びとが整体師として業務を行っています。

将来性・安定性がある

整体師としての働き方はさまざまです。独立開業する人もいれば、、クリニックに所属する人もいるでしょう。あるいは、日本を飛び出して海外へと足を伸ばすというケースも珍しくありません。いずれにしても、整体師の仕事は十分なスキルがあればさまざまな場所でさまざまな働き方ができるので、将来性や安定性は高いと言えるでしょう。もちろん、一人前の整体師として働けるようになるには下積みが必要ですが、どこでも通用するスキルをしっかり身につけておけば、順調にキャリアアップしていくことができるでしょう。