TOP » 整体師の基礎知識 » スポーツと整体の関係

スポーツと整体の関係

整体は、腰痛などの日常的な症状のほかに、スポーツにも大きな効果を発揮しています。アスリートのための整体とは、どのようなものなのか、特徴や効果を説明します。

スポーツ整体とは

スポーツの分野で利用されている整体のことを「スポーツ整体」と言います。運動やトレーニングに励んでいるアスリートを対象とした、スポーツシーンでのからだに関わる影響を考慮して施術されます。日々の練習などで酷使して、ダメージや疲労が溜まった選手のからだのメンテナンスを目的にした療法です。

スポーツ整体のおもな効果は、骨格の歪みの矯正や、スポーツをしているうちに身についたからだの悪い癖の改善など。定期的に施術を受けることで、怪我をしにくいからだ作りが期待できます。

怪我の症状や痛みを直接的に治療するものではなく、からだのコンディションを整えて維持するために施術するものなので、一般的な治療と使い分けることが大切です。

一般的な整体との違い

スポーツ整体と一般的な整体では、どのように異なるのでしょうか。

スポーツ整体の施術対象であるアスリートのからだは、運動をしていない人と比べ、はるかにダメージが多いもの。疲労も蓄積されており、通常はあまり使うことがない筋肉や骨を痛めている人もたくさんいます。そのため、スポーツ整体の施術者には、アスリートのからだに関する豊富な知識が求められます。一般的な整体の技術や知識だけでなく、解剖学や運動学の考え方を取り入れた、スポーツ整体ならではの技術が必要な場合もあるそうです。

また、利用者がどんな競技のアスリートなのか、どのくらいの頻度で運動をしているのかなど、状況がそれぞれ異なるため、一般的な整体よりも、個人差が激しい分野だと思います。競技に関する知識など、個人に合った施術をするための情報を把握することが大切です。

それでは、スポーツ整体師になるためにはどうすれば良いのでしょうか?

スポーツ整体師になるには?資格は必要?

整体師の資格は、専門学校や各団体が認定する民間資格のみで、国家資格はありません。これは、スポーツ整体の場合も同じです。また、民間資格の中でも、「美容整体師免許」や「中国整体師資格」など、整体の種類や分野別に、免許や資格が異なるということはありません。「スポーツ整体師になるための資格」というものは、存在しないのが現状だそうです。

しかし、スポーツ整体を職業にするために勉強が必要なことは事実です。上記で述べたような技術は、それに特化したスクールや講座で学ぶのが一番良いと言われています。スポーツ整体師になりたい場合は、実際に、スポーツトレーナーやスポーツ整体師としての経歴を持つ講師などのもとで学び、必要な知識を得ることが大切です。

近年では、スポーツ整体の需要も高まっているので、学生や社会人などの一般人やアマチュアアスリートを対象にした整体院を営業している人もいるそうです。一般的な整体院では、利用者の割合が比較的低いと言われている、学生の利用が期待できる点も、スポーツ整体の特徴です。

持っていると役立つ資格

柔道整復師

柔道整復師とは、スポーツなどでけがをしてしまった場合に医療的技術を使わず療法を行うプロフェッショナルのことです。たとえば骨折や脱臼、捻挫、打撲などが起こった際、手術をするのではなく、固定したり、もとに戻すように動かしたりして、組織が回復するように働きかけることが仕事になります。

名前には柔道とついていますが、世界中のさまざまな場面で活躍できる職種です。スポーツトレーナーやケアマネージャーはもちろんのこと、整骨院、病院など医療系の職場でサポートを行うケースも少なくありません。スポーツをしている人々だけでなく、高齢者などの体が不自由な方のケアにも役立っています。

資格を取るには、柔道整復学科がある大学や短大、専門学校に通うことが一般的です。その後柔道整復師の国家試験を受験し、合格すると資格を取得できます。試験科目は11科目と幅広く、解剖学や臨床医学などの知識も必要です。

理学療法士

理学療法士は、体の不自由な人やけがで通常の動きが困難になってしまった人に対して、基本的な動作能力ができるようにサポートをする職業です。日常生活には「立つ」「座る」「歩く」「食事をする」など欠かせない動きがいくつもありますが、これらを回復または維持させるための治療法を考え、その人に合ったものを提案します。

治療法は医学的なものに限りません。運動を取り入れたり、社会的観点からその人の立場を考えて提案したりと、一人ひとりの生活の改善を図ります。ただ治療をするだけでなく、個人に寄り添って考えることが理学療法士の特徴といえるでしょう。

理学療法士として活躍するには、理学療法士の国家試験を受け、資格を取得することが必要です。その受験資格を得るためには大学や短大、専門学校に通って基礎的な知識を身につけることが必須。さらにノウハウを積むのであれば、大学院へ進む道もあります。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師とは、あん摩やマッサージ、指圧などのテクニックを使い、体の痛み・コリを取り除く職業のことを指します。近年のマッサージ業にはさまざまな形態があり、なかには資格を持たずに開業している人も多くいますが、あん摩マッサージ指圧師になるには国家資格が必要です。東洋医学をもとに器具を使わず手技だけで行うことが特徴で、腰痛や肩こりなど、多くの日本人を悩ませる痛みを解消したり、和らげたりしていきます。病院や施術する職場に勤めることケースが一般的ですが、スポーツトレーナーとして活躍することも可能です。

あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得するためには、高校を卒業したのちに大学や専門学校で3年以上必要科目を学ぶ必要があります。学ぶ内容としては、臨床医学や解剖医学をはじめ、臨床実習にも参加しなければなりません。国家試験は年に1回実施され、合格率は8割ほどです。

はり師・きゅう師

はり師、きゅう師は体のツボを刺激し、体内から不調を取り除く技術を持つ人々のこと。体にはたくさんの経穴と呼ばれるツボがあり、はり師はそれをはりで、きゅう師はお灸で刺激をしていきます。当然むやみやたらに刺激をするのではありません。診療を通してその人の体調や体の特徴などを把握して、治療に反映させています。医療機関のように薬の処方や直接的な治療を行うわけではなく、体の自然治癒力に働きかけるというのが、はり師ときゅう師の治療の特徴です。

マッサージ師と混同されることもありますが、このふたつは国家資格であり、信頼できる治療技術を持っています。受験資格を得るためには、はりやお灸を専門とする大学、短大、専門学校のいずれかに進学することが必要です。はり師ときゅう師では試験科目が異なるのですが、同時に受けることもでき、その場合には共通科目の試験は免除されます。はり師、きゅう師の資格は鍼灸院以外に、福祉施設、エステサロンなどでも求められているため、さまざまな分野で活躍できるでしょう。

カイロプラクター

カイロプラクティックは、筋肉や骨格などを中心に治療を施す医療行為です。施術方法は人によって異なりますが、脊椎や他の部位を矯正することで体の自然治癒力を高めていきます。このカイロプラクティックを専門とするのがカイロプラクターです。カイロプラクターはさまざまな手技療法を用いて、骨盤のゆがみや関節のズレを調整し、神経の回復を促します。

患者さんへの施術以外に、ストレッチなど自宅でできる療法の提案もカイロプラクターの仕事です。日本はまだカイロプラクティックに関する法が整備されていないため、国家資格といった公的資格は存在していません。そのため、資格がなくてもカイロプラクターとして施術することが可能です。しかし、カイロプラクターには確かな技術が求められるため、登録カイロプラクターの認定制度が整備されています。民間資格になりますが、一定の教育基準を満たしていることの証明になるため、カイロプラクターになりたい方は取得するようにしましょう。

整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会)

整体セラピストとは、神経や筋の流れを整えるプロフェッショナルのことです。現在カイロプラクティックなどの整体技術も存在しており、その療法は多岐にわたりますが、整体セラピストは特に全体的な整体を網羅します。体の不調を整えるために手技を行うほか、精神的な症状にもアプローチすることが特徴です。

整体セラピストになるには、日本セラピスト認定協会が実施する検定への合格が必要。認定級は1~5級、そして終始免許の6段階に分かれています。4、5級は認定されたスクールにおいて、3級取得講座を受講することで受験資格を得ることができますが、3級以上はさまざまな条件が必要です。たとえば3級では整体やカイロの学校を卒業していること、2級以上は実務経験がなければなりません。そのため、自分の段階や条件にあった資格の取得が求められるでしょう。試験に合格すると免許証が交付され、整体セラピストとして活動できるようになります。

スポーツ整体師(NPO法人 日本セラピスト認定協会)

スポーツ整体師とは、アマチュアあるいはプロのスポーツ選手の体を整える職業です。スポーツによって負ってしまったけがの回復をサポートしたり、けがの予防をしたりすることはもちろん、良い結果を残せるように体の調子を整えることも仕事のうちのひとつ。スポーツに適した体作りを手伝ってくれる存在です。

スポーツ整体師という職業自体は、資格を持たずとも名乗ることができます。しかし日本セラピスト認定協会では、スポーツトレーナー認定という資格を提案しており、これを取得することでスポーツトレーナー、あるいはスポーツ整体師としてさらなる活躍を目指すことが可能です。スポーツトレーナー認定には1~3級、そして修士免許があり、1級や修士級を取得すればスポーツ選手をサポートする力を身につけていることの証明になります。ちなみに3級では一般的なトレーナーとして、2級ではパーソナルトレーナーとしての活動が可能です。

整体ボディケアセラピスト資格(JADP一般財団法人 日本能力開発推進協会)

整体ボディケアセラピストは、整形学検査法や神経学検査法など、さまざまな整体テクニックを用いることで体をより良い方向に導くスペシャリスト。資格を取得するうえで、骨格の構造や感覚神経と運動神経の関係、体のゆがみを直す方法などを学ぶ必要があるため、テクニックや専門知識を持っていることの証明になります。整体ボディケアセラピストの資格があれば、マッサージや整体師といった職種だけでなく、美容系や医療系、福祉関係など、じつに幅広い分野で活躍できるでしょう。

資格の取得方法としては、日本能力開発推進協会の主催する試験を受けることが一般的です。まずは指定の機関で教育訓練を受講し、基礎的な知識をつけていきます。この講座をすべて受けることが受験の条件。試験自体は在宅でも受けられるため、予定を合わせながら受験が可能です。試験内容としては、体の基本的な構造や整体の基礎的な技術、症状が現れたときの対応など、整体や体にまつわるものが出題されます。

スポーツトレーナーという選択肢

スポーツ整体の施術を職業にしている整体師の中には、スポーツトレーナーとして働いている人もいます。

スポーツトレーナーとは、プロからアマチュアまで、さまざまな人が良い状態で運動に励めるように、選手のケアをする存在のこと。

おもな仕事は、選手の指導や育成、食事の栄養や健康の管理など。メンタル面でのカウンセリングや、トラブルがあった時に応急処置を施すこともあります。仕事の中には、怪我の予防やケアも含まれており、スポーツ整体を用いて、選手のからだのコンディションを保つトレーナーもいます。
アスリートの生活をトータルでサポートする職業なので、トレーニング学やカウンセリング力などが必要なほか、個人に合った的確な指導をするための判断力も求められます。

自分の指導方法や判断が選手の今後に影響することもあるため、責任感が必要な職業ではありますが、活躍できる場所が多いという特徴もあります。スポーツジムやフィットネスクラブのほかにも、リハビリなどを行っているスポーツクリニックや福祉施設、学校やプロ選手の専属トレーナーなど、幅広い選択肢が存在。

近年は、高齢者も積極的にスポーツをする傾向が見られるので、福祉の分野でさらに発展していく可能性があります。このような現状や需要の高さから考えると、将来性のある職業だと言えるでしょう。

スポーツ整体師・トレーナーになるための
おすすめ整体スクール

ウィルワン整体アカデミー

ウィルワン整体アカデミーのHP画像 ウィルワン整体アカデミーのHP画像

*引用元:ウィルワン整体アカデミーの公式HP
(https://www.willone-academy.jp/_landing/academy_school.html)

業界No.1の就職支援会社が母体で、36,000件以上の就職先と提携しています。入学金・教材費が無料なので受講料も安い。リフレクソロジー・フェイシャルケア・アロマトリートメント・小顔矯正・タイ式マッサージなど整体以外も学べる。

スポーツ整体コース

  • 受講料
  • 250,000円(セラピストコースは333,000円

  • 特徴
  • トレーナーとして必要なトレーニング方法の指導や栄養に関する知識、ケガに対する処置など、スポーツ選手のからだのケアをサポート。個人でもグループでも対応できる指導で、パフォーマンス向上からからだのケアまでトータルサポートできる技術と知識を学べます。

東京療術学院

東京療術学院のHP画像

*引用元:東京療術学院の公式HP
(http://www.ryojutsu.co.jp/topindex.html)

常時4,000件程の求人情報を提供。受講した講座は、在学中だけでなく卒業後もリピートして受講ができる。アロマテラピー・セラピーヨガ・リフレクソロジー・フラワーレメディーなどの癒し系のコースも多数用意。

アドバンストレーナー学科

  • 受講料
  • 2,226,000円(入学金・受講料・教材費含む)

  • 特徴
  • パーソナルフィットネストレーナー資格(NESTA/全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会)取得が可能。フィジカルトレーニングやスポーツコンディションニングに加えて、ビジネススキルの修得を目指す。

トレーナー学科

  • 受講料
  • 1,806,000円(入学金・受講料・教材費含む)

  • 特徴
  • 子どもから高齢者まで幅広くアスリートの健康回復・ケアする理論や技術を習得。一般的な整体や運動医療、フィジカルトレーニング、PNF整体などの技術を学ぶことが可能。

YMCメディカルトレーナーズスクール

YMCメディカルトレーナーズスクールのHP画像

*引用元:YMCメディカルトレーナーズスクールの公式HP
(http://www.ymc-school.com/)

一度受けた講座は、在学中だけでなく卒業後もリピート受講が可能。開業支援と就職支援にも力を入れている。アロマテラピー・セラピーヨガ・リフレクソロジーなどの癒し系のコースもある。

ストレッチトレーナー(整体・リフレクソロジスト)

  • 受講料
  • 295,000円(入学金、教材・実習費など含む)

  • 特徴
  • ストレッチ専門店やスポーツ現場で働くためのストレッチ技術の習得を目指すコース。「パートナーストレッチ」技術も学ぶことができ、IHTA認定・アナトミーストレッチトレーナー資格取得が可能。

スポーツ整体師に資格はいらないけど、技術は必要!

スポーツ整体師になるためには、今のところ資格を必要としません。そのため無資格でスポーツトレーナーになることもできますが、整体の知識や技術がないと自分の管理下で施術をできないため、スポーツトレーナーになるためにスポーツ整体師になったという人もたくさんいます。

スポーツ整体師になるためには、効率よく通えるスクールがおすすめです。専門性があり、しっかりとした技術と知識の両方が身につきます。コストはかかりますが就職サポートなどのフォローもあるため、独学や通信よりもスクールに通うほうが確実と言えますね。