TOP » 整体師の基礎知識 » 整体師に英語力は必要?

公開日: |更新日:

整体師に英語力は必要?

ダイバーシティが浸透する中で、整体師が勤める治療院でも英語力があったほうがいいのか、考える人もいるのではないでしょうか。
本記事では、整体師に英語力が必要か否かについて考えてみます。

整体師に英語力は必要なのか

「英語力は必要ない」と考える人は多い

実際に整体師として治療院に勤めている人の中では、患者の大半が日本人なので、英語力は必要ない、と考える人が多いようです。まれに外国人の患者が訪れても、日本語が堪能な人ばかりなので、これまでに英語を必要としたことはないのだとか。実際に整体師として働いてる人が必要ないと思うのであれば、やはりすぐに英語力を身につける必要はないのかもしれません。

英語力があれば役立つ場面もある

しかし、エリアによっては英語力が必要になる整体師もいます。浅草など外国人観光客が多いエリアの治療院や、六本木など外国人が多く訪れる治療院の場合、英語力があるときっと役立つでしょう。

治療院ではありませんが、六本木のエステサロンでは、カップルで利用できるコースが有るため、外国人の男性と日本人の女性がペアで訪れることも多いそうです。その場合、女性が英語を話せるので高い英語力は必要ありませんが、女性側にもリラックスして施術を受けていただけるよう、ちょっとした英語が話せると施術がスムーズに進むとのことでした。

英語を身につけるメリット

「もしも」のときに慌てずにすむ

整体師に英語力は必要ないと考える人が多いですが、もしも自分の勤める治療院に外国人が訪れたとき、英語が話せたらとても便利ですよね。昔と違って、今は日本で暮らす外国人が本当に増えたので、仕事はもちろん私生活でも英語ができればさまざまな場面で役立つでしょう。

海外で治療院を開業できるかもしれない

今後技術と知識を深めていく中で、開業を検討することになったとき、英語力があれば海外で治療院を開業することも不可能ではありません。近年、さまざまな事情から海外移住を考える人が増えています。手に職をもって海外移住できれば、とても心強いですね。

現場で使える接客英語

予約の有無を確認する時

整体の治療院では、施術を予約制にしているところも多いと思います。しかし、予約制であることを知らない外国人が、飛び込みで入ってくる可能性もあるでしょう。そんなときは、予約の有無を確認できる英語を知っていると便利です。

「Have you got an appointment today?」
(本日のご予約はいただいておりますか?)

Web予約を受け付けている場合、予約を入れた外国人が訪れることもあると思われますが、そのときも予約を確認できる英語を理解しておくと、患者側も安心できるのではないでしょうか。

患者を施術ベッドにうながすとき

受付をして、患者を施術ベッドにうながす際も、英語で案内できるとスムーズです。

Please lie face down on the bed.
(ベッドの上に、うつ伏せに横たわってください。)

仰向けの場合は、以下の英語で伝えることができます。

Lie down on your back please.
(仰向けに、横になってください。)

これだけでも覚えておくと、スムーズに施術に入ることができますので、ぜひ活用してください。