TOP » 整体師の基礎知識 » 収入はいくらくらい?

収入はいくらくらい?

整体師として活動する場合、どのくらいの収入を得られるのか。整体院のスタッフとサロン、ジムなどでの給料に差はあるのか。就職前に気になるお金の話を徹底調査します。

整体師のなかでも収入はさまざま

整体師の活躍する場としても、業種はさまざま。どの業種がどのくらいの収入があるかを知ることによって、自分がどの業種で働くかを考える参考にしてみてください。

整体師のなかには、整体院で働く人や、カイロプラクティック、リラクゼーションなどで働く人がいます。最近では、日本人の健康志向への意識が高まり、複合施設やスポーツジムでの整体師の需要が増えています。高齢社会による介護施設などでも必要とされており、さまざまな施設で働く人が増えています。

また、勤務地によっても金額の差があります。整体院はそれほど大きな金額の差はありませんが、美容整体やリラクゼーションサロン系では東京と地方では、収入に大幅な差があります。

整体師の業種別平均年収

整体師 3,000,000円~3,600,000円
リラクゼーションサロン 3,000,000円~6,500,000円
カイロプラクティック 3,200,000円
スポーツジム 3,400,000円
福祉施設系 3,300,000円

就職支援も充実!
資格も取得できるおすすめ整体スクールはこちら

整体院で雇用される場合

整体師の学校やスクールに通ったとしても、就職先の各整体院で研修が行われるケースが多いようです。

研修期間は、時給700円~1,000円または月給17万円~20万円というのが一般的。時給800円として10時間働き、勤務日数を25日の場合、月給は20万円ほど。年収は240万円となります。

整体院では、お客さんがつくようになってきたころが昇給が見込め、結果が出せれば、月給30万円~50万円というケースもあります。

美容系整体院に雇用される場合

この場合、整体はお客さんに決まった施術方法で行うので即戦力として給与をもらうことができるそうです。医院によって異なりますが、時給800円~1,500円または最低給与保障+歩合などがあり、整体スタッフの研修期間よりは収入があるかもしれません。ただし、本格的な整体の技術を使うわけではないので要注意です。

独立開業をした場合

自分の技術に自信がもてるようになったら独立したいと思う人も出てくるでしょう。

どれくらいの収入になるかはピンきりです。お客さんに来てもらえなければ整体師になる前の職業のほうが稼げていたということになるかもしれません。整体師として成功したかどうかというのは年収1千万が目安になるようです。

1回の施術料が5,000円、お客様が1日4名、営業日数を月25日とすると、月額売上50万円。年売上は600万円になります。そこから家賃や消耗品・電気代等を除いた金額が年収となります。

これが1日10名になると月額売上125万円。年売上は1,500万円になります。整体の技術だけでなく、接客能力や、経営者としてのスキルも必要となるので年収はさまざまですね。

年数によって違いはある?

開業して独立した場合には、開業から経過した年数や マーケティングに成功したかどうかが収入に大きく左右します。個人差はありますが、開業から1年目、そして開業から3年目の場合に分けて収入の目安を見ていきましょう。

開業1年目の場合

開業一年目であれば、おおよその目安として年収が400万円から600万円程度が多くなります。もちろん治療技術があり、経営が上手くいっていたりする場合には1年目から600万円から800万円の年収を得ているケースもあります。

集客やマーケティングに長けた整体師が、多くの患者を集客することができれば1年目から雇われ店長よりも高い年収を得るケースもあります。

もし開業前の見積もりを誤ってしまい、独立開業してからも苦労している場合には雇われ店長よりも低い年収で200万円前後になってしまうケースがあります。開院する立地条件も悪くマーケティングも知識もないなら、ほとんどの患者が来院しなかったというケースもあります。

急いで集客をしたとしても知識や資金もないことから苦戦してしまい1年目で廃業してしまう可能性もあるのです。経営が順調でないなら、1年目から苦戦してしまうことが多く廃業するケースが多いのです。

開業から3年目の場合

開業から3年が経っているなら、地道に売り上げを伸ばしているだけでも年収は約800万円ほどあると予想されます。雇われ店長をしていた時よりも経営も安定しており、年収も高くなっていたりしますが、そこからさらに伸び悩むケースも多くあります。集客技術やマーケティングについて学ぶ必要があるのです。

経営が順調でなかったとしても 地道に営業を続けていると、雇われ店長よりも少し高いほどの年収になります。苦労と収入のバランスが取りにくいのもこの段階です。

もし開業から繁盛し続けて伸び続けている整体院であれば、3年目には年収1千万円を超えることでしょう。マーケティングの知識を取り入れ、施術だけでなく物販など取り入れるとさらに収入が跳ね上がります。スタッフを雇用しマニュアルを取り入れ整体師の数を増やして、年収を更に増やしている院長もいます。

雇用形態別では?

整体師に限らず様々な業界で雇用形態や役職またスキルによっても収入に違いがあります。整体師の場合には正社員、非正規、さらにはアルバイトといった雇用形態があります。。

正社員

正社員の場合には、週8日の休みがあって20万円程度が一般的な給与となります。これは年収に換算すると、年間の給与が240万円にボーナスが2ヶ月分とすると年収は280万円程度となります。

正社員であれば福利厚生の面で非正規やアルバイトと違いがあります。

もちろん正社員であったとしても研修期間があるので、働き始めは給与が低い傾向にあります。手取りでおおよそ15万円からが相場となるでしょう。研修が終了し一人前に整体師として働けるとなると20万円前後の月給となります。さらにクライアントを直接担当できるようになると給与が上がるケースもあるようです。

非正規・アルバイト

非正規やアルバイトであるなら時給で働くこととなります。時給制であれば700円から1000円程度が給料の相場です。ひとりで施術できるようになり時給をあげてもらえるようになるまでは少し低くなっています。

ある程度自分で仕事をできるようになるとアルバイトの時給は950円から1200円となります。仮に1200円で1日8時間週5時間働いたとして、給料は19万円ほどとなります。もちろん時給1200円ほどのアルバイトはなかなかありませんので、一般のアルバイトの水準であればさらに低くなるでしょう。

しかし同じ時間働いたとしても正社員であるなら福利厚生があるので、できるなら正社員として働くか独立することを目標にすると良いでしょう。

雇われ店長の場合

整体師の給料は手取り額で、18万円前後と言われています。もちろん平均年収はボーナスなども加算されるので、おおよそ200万円から300万円程度となるでしょう。

もし歩合制が加算されているなら、自分の技術やクライアントの人数によって年収が大きく変わる可能性があります。例えばリラクゼーションサロンで働く整体師であれば、手取りの平均額は20万円から50万円程度と言われています。

それで同じ整体師であっても、どのような環境で働いているかによって年収に大きな差が生じています。整体師として働く経験があり、役職があったりするなら年収も大きくアップさせることができるでしょう。

年収に重きをおくのであれば、歩合制のある職場を探してみることがポイントです。自分を売り込む能力が高いのであれば、大きく稼げる可能性もあります。しかしそれが逆に圧力になってしまう可能性もあります。

整体師として成功するためには、ただ技術や知識 を向上させるだけでなく、気配りをしたり親しまれたり、コミュニケーションを高めたりしなければいけません。サービス業に必要なスキルを身に付けることで、雇われ整体師や店長であったとしても年収を向上させることができます。

国家資格(柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師)の収入例

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師といった国家資格が必要な専門職の収入はどうなのでしょう。

国家資格取得者の平均年収

柔道整復師 3,500,000円~6,000,000円
あん摩マッサージ指圧師 3,000,000円~4,000,000円
鍼灸師 3,500,000円~4,000,000円

どの国家資格も平均年収にさほど差はなく、整体師ともそれほど差がないようにみうけられます。しかし、柔道整復師については、キャリアをつんで10年ほどの経験があれば、年収6,000,000円以上になることもあるそうです。